<   2008年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

Bonjour! Natsumiです。
今回の研修生レポートは、パリからちょっとはずれた小さな町、VaucressonのBoulangerie la Chaumiereでパンを焼いているカオリンさんのご紹介です。

●カオリン (パン職人)

以前より、フランスで働く事を夢みて、YBIにも2年前くらいから、研修体験へのご相談を頂いていたが、今年フランス・ワーキングホリデービザを取得。
念願のフランスでパン職人として働く事となった。今回はお店の午後の部を一人で
切り盛りする為、毎日奮闘中!

e0124080_10584848.jpg


パリのサン・ラザール駅から郊外線で約25分、ちょうどヴェルサイユの北側に位置する閑静な住宅街、Vaucresson。たぶん長年パリに住んでいる人でも知らないような、のどかな住宅街です。他に日本人がいない環境の中、カオリンさんはパン作りに言葉に生活に、毎日奮闘中!

働き始めての感想
「日本と違って、パンの製造量がすごく多いことにびっくりです。
そして、職人さんの仕事の早さと、時間のペース配分の器用さがすばらしいと思っています。
働き出して3週間があっと言う間に過ぎ、その日の自分の仕事をこなす事すら精一杯です。
忙しい日の時間の使い方がうまくいかず、ジョン・マリー(注:午前中担当のパン職人)に助けてもらうことが沢山あります。それでも、ジョン・マリーは毎日色々な事を教えてくれるので楽しいです。優しくて感謝もしています。
もちろん、オーナーや販売員さん達の優しさにも感謝してます。
言葉の壁がまだまだありますが、少しずつでも意思疎通ができるようになればいいなぁと思ってます。
今はその日に自分がやらなくてはいけない仕事を、1人でできるように努力するのみです

e0124080_1101756.jpg

届かなければ、よじ登る!

カオリンさんは、日本で6年間のパン製造の経験があるプロの職人さん。
日本の菓子パン系のパンよりも、ハード系のパンが好きだと気づき、フランスに修行にやってきました。

しかしここはフランス。日本と違って、フランスの業務用小麦粉は一袋50kgがあたりまえ。釜も機材も、フランス人男性基準で作られているから、Boulanger(e)の仕事は小さな体の日本人女性にはかなり大変な作業です。
異国で働くって、大変なことだけれど、世界中で働ける職人さんの仕事って素晴らしいですよね。

目下の目標は、フランス語をもっと話せるようになって、仕事をこなせるようになること。
そして将来の目標は、フランスで学んだパンに自分のアレンジを加えて、地元の人に向けた自分の店を持つこと。

始まったばかりのカオリンさんのフランス・ワーホリ生活。
未来の巨匠目指して、ガンバレ、カオリン!
同い年同士、ガンバリマショ!e0124080_1144226.jpg
[PR]
by ybstage | 2008-09-26 11:05
Bonjour!Natsumiです。パリは、なんだか肌寒くなってきました!
みなさまも風邪などひかぬようお過ごしください。
さて、今回はBoulangerie Patisserie LANDEMAINE Clichy店で研修中
Taka君のご紹介です。

e0124080_11413343.jpg

●石井 孝幸 (お菓子職人・料理人)

2001年にドイツ・ミュンヘンの日本食レストランにて料理人として勤務。
帰国後大手洋菓子店にて製造に携わる。 山登りが大好きな為、一度はパティシエを
辞める事も考えていたが、先輩(Mr Nukii)からフランスへ来い!
と言う誘いにより渡仏を決意。 このプログラムに参加となる。


***働き始めての感想***
早いもので、フランスの生活も2週間が経ちました。
改装を終えたお店がオープンし、いよいよ動き始めました。
フランス語の勉強不足で、意思の疎通が取れずに指示通りに動けない事が
まだまだあり、失敗もしています。仕事のスピードがかなり早く、ついていくの
が精一杯ですが、指示された事を完璧にこなすように心掛けて取り組んでいます。

e0124080_11453230.jpg

色鮮やかで、メリハリの効いたお菓子、焼き上がったパンの香り、食感、見るもの、触れる物、全てに感動しています。充実した日々を過ごせるのも店のスタッフに支えられているのを強く感じます。一歩一歩、確実に力を付け、使える人材になれる様に頑張っていきます。

e0124080_1146974.jpg


Taka君はなんと、11人兄弟の8番目!
人懐っこく、ほんわかした雰囲気の愛されキャラで、お店の皆ともすぐに打ち
解けたようです。
「フランス人は冷たいというイメージがあったのですが、この店の人たちは本当にいい
人たちばかりで、すごく働きやすい。来て本当によかったです。」
将来の目標は、「先輩のJunさんのように、コンテストに出場したい。
やりたいのはショコラとアントルメ。
入賞して、MAISON LANDEMAINEの店の名前、そして自分の名前を有名にしたい!」

柔らかさとアツさを兼ね備えたTaka君。これからノエルやパック(イースター)に向け、MAISON LANDEMAINEのショーケースをお菓子でいっぱいにしてくれることでしょう。
未来の巨匠目指して、ガンバレ、Taka君!

e0124080_1147660.jpg
[PR]
by ybstage | 2008-09-18 11:54
Bonjour!パリ・スタッフのNatsumiです。

e0124080_1355369.jpg


9月に入って、フランス人のヴァカンス気分もようやく抜けてきました。
といっても、こちらBoulangerie LANDEMAINEではMartyrs店のオープン
そしてClichy店の大改装工事&リニューアル・オープンと、休むどころか盛りだくさん
の夏でした!

毎日こんがーり、おいしいパンの香りに包まれるのは、やっぱり幸せですね。
お店のスタッフも新鮮な気分で働いています。

さて、今回から連載で、この夏渡仏してきた長期研修生メンバーを紹介していきます。

第一弾は、Boulangerie LANDEMAINE Clichy店でBoulangereとして働く「とんちゃん」!


e0124080_13581569.jpgとんちゃん  (パン職人・料理人)
広島県出身。広島のイタリアン・レストランで料理人として働いていたときに、製パンの技術指導に来たYoshimiと出逢い、影響を受ける。2007年冬、2ヶ月半パリでYBIのboulangerie研修を経験。その後日本へ帰国。
そして2008年夏、新たにYFFの長期職人研修プログラムに申し込み、再渡仏。
現在見習い研修生として、VISA取得を目指している。


e0124080_13592846.jpg
働き始めての感想
「改装オープンして、待ちに待っていたお客さんの
とても嬉しそうな顔などをダイレクトに見ながら仕事ができるのを、
とてもうれしく思います。
不十分な事だらけで右往左往していますが、
毎日の仕事が楽しくて、あっという間に過ぎている今です。」


今まで地下にあったパン工場(こうば)が地上階に移り、売り場からも通りからも見えるようになりました。
「気づいたら、お客さんに写真を撮られていたり、子供たちがワイワイ覗き込んでいたりするんです。」ちょっとウレシ恥ずかしそうに話してくれるとんちゃん。
お客さんたちは「この人が!」と思って興味津々なんでしょうね。現在、とんちゃんは遅番のシフトで、忙しい夕方の焼きを任されています。将来の目標は、地元の先輩と共に広島で、パン屋併設のレストランを開くこと。控えめで、一生懸命。
とても気の付く大和撫子、とんちゃんの作るパンはひとつひとつ、とてもきれいです。
未来の巨匠めざして、頑張れ、とんちゃん!
[PR]
by ybstage | 2008-09-12 14:00